コラム

二次会にラフな服装で参加する時のボーダーラインはあるの?

二次会にラフな服装で参加する時のボーダーラインはあるの?

披露宴と異なり、二次会の服装って意外に困りものです。招待されたものの「平服(ラフ)でお越しください」とメッセージを頂いたけれど、普段着でいいの?というようにラフな服装の線引は難しいものです。


そこで考えたいのは、ラフだけどもこなれた感もある服装です。

もちろん、男女で異なるため、どんな服装がラフで良く、どんな服装がダメなのか、掘り下げてみましょう。

二次会の会場

二次会は、基本的には親しい間柄のゲストのみが招待されます。

お祝いの席ではありますが、カジュアルな場所にて執り行うことが一般的です。

ラフな服装でというメッセージですが、二次会の会場がどこなのかを考えてみましょう。

例えば、レストランが会場ならば、ドレスコードのある場合も少なくありません。

ですから、基本的には、ラフとは言ってもドレスコードを意識しなければなりません。

会場の連絡先に問い合わせるのが一番間違いがありません。

また、居酒屋やバーなどが会場というならば、場違い感のないカジュアルな服装が良いでしょう。

ラフな服装の線引

男性の場合には、白色以外のジャケットにシャツ、チノパンなどで問題ありません。

タイが無くとも問題ありません。

女性はワンピースやパンツスーツなどが無難でしょう。

ラフ過ぎるパターン

二次会だから、知り合いばかりだからといって普段着で参加するのはマナー違反です。

確かにかしこまった席ではないのですが、祝賀ということは念頭に入れておきましょう。

男性で言えば、ダメージ加工のジーンズにヨレヨレのTシャツ、タンクトップや短パンなどで参加するのは避けた方がいいでしょう。

女性の場合にも、デニム素材のミニスカートにキャミソールなどは避けましょう。

-コラム